新宿近視クリニックの口コミ暴露!失敗しないレーシック実態調査
*

アマリスZレーシックはここが凄い!

アマリスZは費用は高いが安全性大

看護師日本ではレーシック用機械が認可された2000年からレーシック治療が行われるようになり、すでに10年以上の歴史を積み重ねてきました。その間、技術は日々進歩しており、現時点で最新のレーシックとされているのが品川近視クリニックで行われている「アマリスZレーシック」です。

このアマリスZレーシックでは最新鋭の医療マシーンを使用し、手術における精度や安全性などを極限まで高めています。唯一のデメリットは、高価な機械を使うので治療費用が高めになることです。

アマリスZレーシックでは、最新のレーシック専用機器を使用しています。これはフラップの作成段階、及び角膜へのレーザー照射の両方に最新鋭のものが導入されているのです。 普通のレーシックでは、手術の最初の段階であるフラップの形成にマイクロケラトームという医療用カンナを用いていましたが、アマリスZレーシックではフェムトセカンドレーザーという医療用レーザー機器によってフラップを形成します。

 

眼球の動きを7次元で追う安全性

またフラップを作成した後の角膜へのレーザー照射も「アマリス」という機械が使われています。これは眼球の位置を7次元で測定しており、従来の2次元測定に比べてとても高い精度をもっています。

医者男性 上記のように高価な機器をもちいて、従来よりも高い精度での手術を実現したアマリスZレーシックは眼球への負担がとても低いという長所をもたらしています。

普通のレーシックでももちろん問題のない手術が行われてきましたが、さらに精度を高めることによって眼球への処置が最小限で済むようになったということです。また、これは術後のフラップの密着度や、視力補正が可能な範囲も大きく改善しています。

現在アマリスは、SBC新宿近視クリニックでは行われておらず、品川近視クリニックで受ける必要があります。
 

品川近視クリニックの詳細はこちら


アマリスZレーシックはここが凄い!関連ページ

ウェーブフロントレーシックとは?
SBC新宿近視クリニックのレーシックの口コミを徹底検証!人気が急上昇中のSBCのレーシックの細かい実態を暴露しています!申し込む前にチェックしてください。
イントラレーシックの手術の流れ
SBC新宿近視クリニックのレーシックの口コミを徹底検証!人気が急上昇中のSBCのレーシックの細かい実態を暴露しています!申し込む前にチェックしてください。

TOPへ