新宿近視クリニックの口コミ暴露!失敗しないレーシック実態調査
*

イントラレーシックの手術の流れ

レーザーでフラップを作るイントラレーシック

看護師イントラレーシックとは、レーシック手術の施術方法の1つです。そもそもレーシック手術というのは、角膜の表面を薄くスライスしてめくり、めくった部分にレーザーを照射して角膜を薄くします。

なお、このめくられた部分はフラップと呼ばれます。そして、フラップを元に戻すことで、手術前と比較して角膜を薄くすることで近視を矯正する治療です。

このとき、一般的なレーシック手術ではフラップを作るのにカンナのような器具を使用していました。しかし、この方法では角膜がずれたり、シワができたりすることがあるという欠点もありました。

そこで登場したのがイントラレーシックです。イントラレーシックでは、イントラレースレーザーという器具を使ってレーザーでフラップを作ります。

このとき、完全にコンピュータ制御で行うことができるため、精密な作業を可能にし、また、従来より薄いフラップを作れるようになったため、より角膜を薄くすることができる(より近視の矯正ができる)ようになりました。
 

イントラレーシックの流れ

まずは麻酔です。麻酔は、点眼によって行われます。

次に、イントラレースレーザーを使ってフラップを作ります。ここがイントラレーシックの最大のポイントで、薄く、正確に作ることができます。

そして、フラップをめくって、レーザーを照射して角膜を薄くします。

目を洗浄して水分や気泡を除き、消毒をしたらフラップをもとに戻します。ここまででだいたい10分~20分程度です。

フラップをきちんと定着させる必要があるため、その後10分程度安静にして、イントラレーシックは終了です。

基本的に、イントラレースレーザーを使ってフラップを作る以外は、通常のレーシックと変わりません。


イントラレーシックの手術の流れ関連ページ

アマリスZレーシックはここが凄い!
SBC新宿近視クリニックのレーシックの口コミを徹底検証!人気が急上昇中のSBCのレーシックの細かい実態を暴露しています!申し込む前にチェックしてください。
ウェーブフロントレーシックとは?
SBC新宿近視クリニックのレーシックの口コミを徹底検証!人気が急上昇中のSBCのレーシックの細かい実態を暴露しています!申し込む前にチェックしてください。

TOPへ